小さいお子さんのいる家族では、奥さんや旦那さんのどちらかが専業主婦(夫)という家庭も多いと思います。乳児の頃はもちろんですが、入園してからも体調不良などを考慮して中々働きに出られない方もいるのではないでしょうか?

子育てや持病など、色々な理由で専業主婦(夫)として家を守られている方がいると思いますが、パートナーがどれくらい稼いで来たら専業主婦(夫)を続けられるのか気になりませんか?

沢山のパターンがあると思いますが、今回はお子さんのいる家庭といない家庭の月々の出費について、一例をもとに比較していきたいと思います。
今回のレポートが専業主婦(夫)を続けるか悩まれている方の手助けになれば幸いです。

専業主婦になるには夫の年収がどれ位必要?

専業主婦になるには夫の年収がどれ位必要?色々なご家庭があると思うので一概に「〇〇万円あれば大丈夫です!」と言い切ることはできませんが、年収が最低でも500万円以上でなければ専業主婦(夫)は厳しいだろうと言われています。

ただ実際に年収が500万円に満たない家庭でも専業主婦(夫)としてやりくりを頑張っている方はいらっしゃいます。たとえ年収が500万円以下であっても、ご実家などから食べ物や住居などの援助が受けられる場合は多少年収が低くても生活できる場合があります。

一般的には500万円以上が一つの線引きとなりそうですが、年収が高いご家庭でも生活水準が高い場合はなかなか貯金などは難しいと思います。

専業主婦(夫)の存続について考えている方はぜひパートナーの年収だけでなく、ご家庭の生活水準の見直しも行ってみるといいかもしれませんね。

年収500万円だと破綻する?

年収500万円だと破綻する?上記で一般的には年収500万円あれば専業主婦(夫)としてやっていけるかもしれないとお伝えしましたが、あくまでも生活水準をかなり落とした場合であって、現実的には少し不可能な額だと思います。

実は年収500万円では専業主婦(夫)を続けることは難しいとの意見もあります。ここで具体的な数字を出してしまうと、年収が550万円以上でない家庭は共働きをした方がいいそうです。

さらにお子さんがいる家庭では、お子さんの年齢が大きくになるにつれてどんどんと教育費が大きくなります。たとえ大きいお子さんではなく小さなお子さんを育てている場合でも、小さい頃から教育に力を入れている家庭は教育費が多少かかります。

しかし男性の平均年収は約520万円程度のようで、キャリアを積んでいくと収入が上がる傾向にある男性でも、年収550万円の壁は大きいようです。ちなみに女性の平均年収は約380万円と男性よりも下回ります。年収500万円だと破綻する?引用元:https://doda.jp

年収550万円以上の家庭でないと専業主婦(夫)は難しいと言われているのに、平均年収が550万円に満たないなんて、なんだか矛盾していますよね。

金銭的に余裕がなくお子さんがいない家庭もありますし、日本は少子化が問題となっているのにも関わらず、なかなか平均年収が上がらないことが大きな問題だと思います。国でもう少しこの問題を重要視してくれたら、国民の生活も変わるのではないでしょうか?

子ありと子なしのケースでかかる費用を比較!

子ありと子なしのケースでかかる費用を比較!これまで何度か、専業主婦(夫)を続けるには最低でも年収500万円以上、もっと言うと550万円以上でないと難しいことをお伝えしてきましたが、今回はお子さんのいる家庭といない家庭の出費について調べてみました。

年収が500万円の場合の手取り金額を出してみると、大体390万円程度です。この金額で月収を出すと、月々大体25万円程度の収入になります。今回は25万円を軸に比較してみたいと思います。

子供がいるケース

子ありと子なしのケースでかかる費用を比較!まずはお子さんのいる場合です。

25万円の内訳内容(賃貸・マイカー有)

・家賃:7万円
・食費:5万円
・光熱費:1万5千円
・交通費:1万円
・保険料:2万円
・通信費:1万5千円
・自動車関係:2万円
・レジャー費:1万円
・教育費:1万円
・日用品:1万円
・被服:1万円
・その他:1万円

※その他の中には医療費や交際費などが含まれます。

こちらが一例になります。日用品が1万円となっていますが、まだオムツを使用している場合や、ミルクを飲んでいる場合などは当然1万円では足りないので、月収25万円では足りなくなると思います。

実際我が家は、幼児食の進みが悪くフォローアップミルクの使用期間が長かったり、お米の消費が早いので食費がかなりかかります。外食なしでも5万円は厳しいです。それに加えて子供は快便なので、1歳半を過ぎた今でもおむつの減りがとても早いです。

私のような理由の他に、通勤に車を使っていてガソリンや維持費が結構かかる方や、持病の薬代がかさむ方も多いと思います。私自身産前はひどい花粉症だったので、2カ月に一回通院・処方を受けていましたが、会計時に1万円札を出すことも多かったです。子ありと子なしのケースでかかる費用を比較!このように25万円の手取り額で子供もいるとなると、お金の管理を慎重にしなければいけない生活となります。奨学金を返済している方やお友達が多く交際費がかかる方は、当然25万円では足りないと思います。

子供がいないケース

子ありと子なしのケースでかかる費用を比較!次は夫婦で暮らしている場合です。

25万円の内訳内容(賃貸・マイカー有)

・家賃:7万円
・食費:4万円
・光熱費:1万円
・交通費:1万円
・保険料:2万円
・通信費:1万円
・自動車関係:2万円
・レジャー費:2万円
・日用品:5千円
・被服:1万5千円
・その他:2万円
・貯蓄:1万円

※その他の中には医療費や交際費などが含まれます。

こちらが一例になります。お子さんがいる家庭に比べて日用品や食費は多少下がると思いますが、夫婦だけであれば気軽に外食をしたり、お茶をしたりなどできるのでもしかしたら食費はそんなに変わらないかもしれません。子ありと子なしのケースでかかる費用を比較!

お子さんがいないとご自身に使える時間も多い為、ファッションを楽しんだり趣味などが充実している方もいると思いますが、そのような方は出費が増えてしまいます。お子さんのいる家庭同様に奨学金などを返済していたら、貯蓄額もさほど多くないと思います。

このように一例ではありますが2つのパターンを比べてみると、手取りが25万円では厳しいことがわかります。もちろん郊外に引っ越して家賃を節約したり、マイカーを手放したりすればもう少し出費が抑えられます

25万円で生活していくには生活水準の改めや、毎月の出費の見直しなどを行っていかないと難しいようです。貯蓄もするにはもう少し手取り額が欲しいですよね…。

子ありと子なしのケースでかかる費用を比較!

以上の比較から、年収500万円程度の家庭では共働きをした方がいいと言えると思います。

まとめ

今回は年収500万円の家庭で専業主婦(夫)を続けていくことが出来るのかどうか調べてみました。

実際専業主婦の経験者としては、年収500万円以上であったのにもかかわらず、あまり贅沢が出来なかったように思います。我が家は結婚後、すぐに両家の親族がなくなったこともあり、老後の心配がとても大きくなってしまいました。

少しでも貯蓄を…と思い節約生活に力が入ってしまった結果、過度な節約でご飯がおいしくなくなってしまい、総菜を買ったり外食をしたりなど出費が増えてしまった過去があります。無理のない程度に節約するのが大切ですね。

年収が低くてもやっていけている家庭はありますし、年収が高くてもカツカツな家庭もあります。限られたお金をどんな優先順位で使うかによって、生活は大きく変わっていきます。
皆さんも今一度ご家庭の出費を確認し、今後の見直しをしてみてはいかがでしょうか?