結婚をして、夫婦2人きりの時間を満喫した後に考え始めるのは、子供のことですよね。

昔は子作りと言われていましたが、今では「妊活」と言われ大々的に公言する人も増えてきました。

しかし、「いざ妊活!」と意気揚々励んでも子供は授かりものなので、なかなか出来ない人もいて、仕事を辞めて妊活に専念する人も多いです。

今回はそんな妊活専業主婦さんの過ごし方や息抜き方法をお伝えしていきたいと思います!

妊活中の専業主婦って皆どう過ごしてるの?

妊活の為に仕事を辞めて専業主婦になった方は、最初はどう過ごしていいかわかりませんよね。

そこで、ネットやSNSで調べた結果をいくつかご紹介します。

【妊活専業主婦の過ごし方】

・漫画や本を読んだり、映画・DVD鑑賞をする

・産まれる子の為の小物作り

・友達と遊んだり、買い物を満喫する等、今しかできないことをする

・フィットネスに通って体づくりをする

・資格試験に挑戦する

・出かける日のスケジュールを考える

・ポイントアプリ、アンケートアプリに励む

・習い事を始める

上記のように、皆さんそれぞれ自分の好きなことをして過ごしていました。

中でも「映画・DVD鑑賞」が一番多く、有料会員になることで自宅でも鑑賞できる物もあるので、気軽に楽しめるようです。

映画を見ることで普段得られない世界観や刺激を受けることもありますし、作品によっては前向きな気持ちにさせてくれるので、良いかもしれませんね♪

おススメの過ごし方や息抜きする方法って?

実際にやろうと思っても、「あれもこれも」という訳にないかないし、「趣味もないから難しい」、「何から始めたらいい分からない」と思いますよね。

なので、迷った方の為におススメをご紹介します。

一番おススメするのは「フィットネスやヨガをして体づくりをすること」です。

子供がほしいと思ったら、まずは妊娠しやすい体作りが大切になります。もちろん健康な女性の体は本来、妊娠できる機能を備えているものです。

しかし、日常のストレスや年齢による生殖機能の弱まり等が原因で「妊娠しにくい体」へと変化してしまうこともあります。

特に専業主婦は家にこもりがちで、体力も減っていってしまいますからね。積極的に体を動かした方が良いと思います。

今は教室に通わなくても、自宅で動画を見ながらヨガやストレッチ、エクササイズができますし、お金もかからないので、専業主婦には大助かりですね!

また、「妊娠を促すヨガ」といった、ピンポイントに狙いを定めた動画もあるので選ぶ際に迷わなくて済みます。

 

実際に、「体つくりしたことで妊娠した」という声もありますし、「気晴らしになる」「汗をかいてストレス発散にもなる」「気分転換になる」といった声もあり、良い息抜きにもなっているようです。

健康な体づくりもできて、息抜きにもなるなんて一石二鳥ですね!時間も有効的に使えてる気もします♪

気持ちを楽にして専業主婦が妊活するには?

上記に挙げられたことを実践してもなかなか授からないと、不安焦りがでてきますよね。そんなときに、友達の妊娠報告を聞いたりしたら、絶望的な気持ちにもなります。

そんな、不安や焦りはストレスとなり、月経不順も起こり悪循環になってしまいます。

前向きに取り組むこと」は、なかなか難しいことだと思いますが…これを読んで少しでも気を楽にして妊活に取り組んでいただけたらと思います。

生理を前向きに受け入れる

生理がきたからこそ、普段控えている物を解禁して楽しんでみましょう。それらは妊娠していない今しかできません

「お酒を解禁する」「夫婦で旅行に行く」など、「妊娠したらできないこと」をして息抜きをしてみてください。

そうすることで、「次に生理がきたらあれをしよう」とポジティブに考えることができ、妊活にも前向きに取り組むことができると思います。

SNSをやめる

離れている友達とも繋がることができるSNSですが、それがストレスになっているのであれば、思い切ってやめてみましょう。

人と比べることもなくなり、自分たちのペースを大事にできると思います。また、信憑性のない語情報に振り回されることも無くなります。

ざっくりとまとめてしまいましたが、以上の2つのこと一番身近なもので、一番精神的に追い詰めてくるものだと思います。

なので、生理がきたり、SNSでの報告に焦ってしまうときは、これらのことを参考に今後の生活を考えてみるのもいいかもしれませんね。

専業主婦で妊活して良かったという声

妊活をするにあたって仕事を辞めるべきなのか、両立するべきか迷いますよね。それに一度職場を離れてしまったら、今のポジションには戻れないのでは…とも考えてしまいます。

妊活には、人それぞれのやり方や両立の仕方がありますが…、今回は専業主婦で妊活に取り組むメリットをご紹介します。

ストレスフリーになった

仕事を辞めたことで、身体的にも精神的にもストレスが軽減されたという声が多かったです。

仕事と妊活の両立ともなると、考えることや悩むことがいっぱいでパンクしてしまう可能性もありますしね。心の余裕は大事かもしれません。

通院しやすくなる

妊活してる人の中には、不妊治療に通っている方も多いと思います。

治療ともなると、頻繁に通わなければならないし、「人工授精」「体外受精」までステップアップすると、「この日に来てください」と病院側から日付をしていされたりすることもあります。

また、治療をすることで、副作用が出てしまう場合もありますから、体の休暇も必要になります。

なので、仕事を辞めることで、治療に合わせてスケジュールを組むことが出来たと言う声が多くあげられました。

タイミングをとりやすくなる

妊娠するためにはまず、夫婦関係を持たないといけませんよね。仕事をしていると体力的にも辛いし、パートナーとの時間も合わせずらくなってしまいます。

しかし、仕事を辞めることでどちらか一方に余裕が生まれるので、共働きをしていた頃よりかは落ち着いてタイミングが取れるようです。

以上が「専業主婦で妊活をしていて良かった」と思えた意見になります。ですが、これにはメリットもあればデメリットもあります。

通院ともなれば、お金も更にかかりますし、仕事にやりがいを感じている人は辞めることで逆にストレスにもなります。

ですので、「何が一番自分たちに合ったやり方なのか」と夫婦できちんと話し合うことが大事ですね。

2人で一緒に親になり、2人で一緒に育てていくものなので、その第一歩の妊活も、夫婦協力して育んでいけるよう応援しております。

まとめ

妊活中の過ごし方や専業主婦のメリットについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

趣味に没頭したり、新しい趣味を見つけてみたりと人それぞれ工夫した毎日を過ごしていましたね。

仕事を辞めるか迷っている方も、妊活をすることで自分の体を見つめ直すこともできるので、一旦休憩という意味で、ストレスフリーな日々を過ごすことも検討してみてください!