結婚をして、子供のことを考え始めると「仕事は続けるか」「辞めるべきか」と頭をよぎってしまいますよね。

不妊治療ともなるとお金もかかるし…、でも通院する為には時間も確保しなきゃいけないし…、そう簡単に決断できることではありません。

今回はそんなお悩みをお持ちの方に、少しでも参考になればいいなと思っております!

妊活中ってパートは辞めた方がいいの?

妊活を始めるとパートを辞めるべきか、続けるべきか悩みますよね。しかし、それは妊活の度合いにもよると個人的には思います。

「いずれできればいいかな」くらいに思っている人は今すぐ辞める必要はないと思います。

反対に、「早く授かりたい!」「不妊症で治療が必要だ」「男性不妊なため、治療が必要だ」ともなれば、専門のクリニックに通って、不妊治療をしていくことになります。

初段階である、「タイミング療法」では、生理後に2,3回程の通院で卵胞確認やタイミング指導を行なってもらえるので、比較的お仕事との両立はしやすいと思います。

しかし、「人工授精」「体外授精」ともなると、通院回数は3~5回に増え、薬や注射といった処置も増えてきます。

そうなると、時間はとられるし体にも負担がかかってきますよね。無理をすることでストレスも増え、排卵にも悪影響になってしまいます。

なので、自己流妊活やタイミング療法で考えている方たちは、仕事を続けていても両立はできると思いますが、本格的な不妊治療を考えている方は、自分の体のためにも「辞める」という選択肢を考えてみてもいいかもしれませんね。

妊活中にパート(仕事)を辞める勇気が無い理由は?

いざ、「辞める」と考えても、勇気がでないですよね。相手の反応をいちいち予想してしまったり、本当にこれでいいのかとネガティブになってしまいます。

そう思っている人は意外とたくさんいて、理由もそれぞれありました。

・通院となるとお金がかかるから

・そもそも生活費が厳しい

・人手不足なのに、辞めていいのだろうか

・本当にこれでいいのか、辞めて後悔しないか

・辞めると言った後、退職日までのことを考えると気まずい

・長らく働いていたから辞めづらい

・働き始めて間もないのにすぐ辞めていいものか

上記のように、様々なことを考え始めてしまうとなかなか勇気が持てず、進むことができません。

ですが、そういった思い込みは主に「職場のことを第一に考えた発想」からきていますよね。

辞めることを考えて、ネガティブになってしまう気持ちも分かりますが、妊娠はいつでもできることではありませんし、時期を逃してしまったらその分一生後悔すると思います。

それに、仕事は他の誰かができることもありますが、子供を産むことは自分にしかできません。引き止められるかもしれませんが…、自分の人生なので、自分の健康や想い一番に考えてみましょう。

しかし、家計や通院費のことが理由な人はなかなか一歩が踏み出せません。補助金や助成金がでたとしても、上限があるので自己負担が無くなる訳ではないのです。

もう少し、国が妊活に協力的だといいんですけどね…。少子高齢化と騒がれていますが、妊娠したくても妊娠できない人に目を向けられていないのが現実です。

経済的・精神的な不安を解決する働き方は?

「妊活もしたいけど、家計が心配…」という方の為に、工夫した働き方をお伝えします。

まずは、職場に妊活のことを相談してみましょう。早めに伝えることで、いつ外れてもいいポジションが与えられたり、比較的休みがとりやすい部署に異動することができます。

可能であるのなら、職場は変えずに「パート」や「アルバイト」といった雇用形態だけを変えてもらうことで、正社員時代よりは融通が利いてきます。

それでも、スケジュール的に厳しいという人は「日払い」や「短期バイト」で稼ぐ方法もあります。収入は減ってしまいますが、無いよりマシですし、自分の都合に合わせて働くことができます

それも難しい方は、家にいながら稼ぐ方法を見つけてみましょう。「ネット社会」なので調べてみるといろいろでてきます。

収入というよりは家計の手助け程度になってしまいますが…、「ポイ活」といって、アプリでアンケート等に答えてポイントをゲットする方法もあります。

携帯一つでできるのでお手軽ですし、なにより時間に余裕が持てます。頻繁に通院している方にはおススメだと思います!

他にも、不特定多数の人に業務を委託するという雇用形態の「クラウドソーシング」で稼ぐという手もあります。

自分が持っているスキル(イラストやライティング技術など)を活かせる仕事や、初心者でもできるアンケート回答や、レビューなど様々な案件があるので、誰でも始めることができます

収入は仕事内容によりますが、単価の低いものからコツコツと経験することでスキルアップもでき、経験値としても得られるのでおススメです!

様々な働き方をお伝えしましたが、妊活と自分の暮らしに合った働き方が一番ですし、最終的には「何を優先したいか」と考えてみるのもいいかもしれませんね!

妊活の為にパートを辞めて良かったという声

妊活していくと仕事や通院、治療費や、家計等の様々な場面で悩みがつきません。

しかし、なかには「悩んだけど、パートを辞めて良かった」という声もありましたので、いくつかご紹介したいと思います。

・1年仕事をやめて妊活したら妊娠出産に繋がった

・生活は毎日カツカツだけど、ストレス減を実感した

・辞めたことで仕事のことを気にせず通院できるようになった

・料理を前より時間かけて作ったり、資格の勉強したり、自分のしたかったことができるようになった

お金は案外なんとかなったから、辞めて治療に専念して良かった

他にも様々な意見がありましたが、何と言っても「ストレスフリーになった」という声が多かったです。

ストレスは妊活の大敵とも言われていますからね。そのストレスが軽減されたことで授かることができたの可能性もあります。

もちろんストレスの原因は人それぞれです。もし「家に居ること」がストレスに繋がるようでしたら期間を設けてみるのもいいかもしれませんね。

「何月まで」と終わりが見えていれば、気兼ねなくゆっくりすることができますし、家計の心配も短期間で済みます。

妊活は個人差があり、何が正解とは言えませんが…、実体験の声を参考に今後の生活を考えてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

妊活」と「仕事」にまとを絞って調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

仕事を辞めることでメリットデメリットが生まれてきましたが、思い切ってやめたことでいい結果に繋がった方もいらっしゃいましたね。

それに、無理して辞めるのではなく、雇用形態を変えることで続けることもできるので、まずは職場に相談してみるのも良いかもしれません。

最終的には、今一番何を優先したいかを考え、後悔しない人生を歩んでいけたらと思います!