女性にとって妊娠とはかけがえのない事であり、出産は命がけで行います。
妊娠初期にはつわりで気分が悪く、中々思うように動けなかったり、飲食できなかったりと辛い時間を過ごした方も多いと思います。

つわりには色々な種類があるので、1つだけで済んだ人や複数抱えて苦しかった人、全然体験しなかった人に大きく分かれると思います。各々色々な思いを抱えて臨月に突入しますが、この時期に産休に入られる方も多いのではないでしょうか?

今まで体調を気遣い、家事やお仕事に全力を注いでいた方が産休に入ると、手隙な時間ができると思います。何をしようか迷いますよね?しかし大きなお腹で出来ることは限られてしまうので、今回は臨月の時間を有意義に過ごすおすすめの方法をお伝えします!

臨月になって毎日暇で辛い…そんな時どうする?

臨月になって毎日暇で辛い…そんな時どうする?よく臨月という言葉を耳にすると思いますが、臨月を理解していない方もいるかもしれませんので、最初に臨月についてご説明します。

臨月とは在胎週数36週0日~39週6日の事。よく妊娠〇ヶ月と表現しますが、数え月での表現なので臨月は妊娠10カ月、つまり産み月のことを指します。

産科医のいう生産期は37週0日から41週6日のことなので、臨月=生産期というわけではありません。その為、臨月入ってすぐの36週に出産となった場合、早産となります。

以上の表記からも分かる通り、臨月と言っても決して無理していい体ではありません。一般的に34週を過ぎれば赤ちゃんは自分で呼吸できるくらいに成長していると言われています。臨月になって毎日暇で辛い…そんな時どうする?

しかし赤ちゃんの成長にも個人差があるので、36週で生まれた赤ちゃんでも、うまく呼吸が出来ずにNICUに入院となる場合もあるようです。36週でも早産に変わりはなく、合併症などのリスクがありますので、時間があるからと言って体に無理をさせてはいけませんね。

臨月に入ると検診が1週間に1回になると思います。経過が順調で、医師から特に注意点などが無ければ少しの散歩くらいは許されると思いますが、短時間の散歩であっても油断は禁物です!いくつか注意すべき点があります。

・30分程度で帰宅できる距離にする
・何かあった時、病院まで1時間以内に行けないところにはいかない
・なるべく1人では出かけない
・無理はせず、体調不良やお腹の張りを感じたら中止・休憩する
・母子手帳や破水時用のナプキンなど必要なものを外出時も持ち歩く
・なるべく短時間で帰宅する

こちらは代表的な注意点です。何度も無理をしない!とお伝えしましたが、出産は体力勝負です。難産の方は何十時間も陣痛と戦いますし、産後もすぐに赤ちゃんのお世話が始まるので、体力作りとして軽いウォーキングなどは積極的に取り入れるといいと思います。臨月になって毎日暇で辛い…そんな時どうする?

他にも陣痛タクシーを調べたり、入院準備の荷物確認、病院の電話番号や深夜通用口の確認なども併せて行っておくと安心です。陣痛時運悪く、1人で病院に向かうことも考えられますので、慌てなくてもいいように万全な準備が大切です。

陣痛が始まったら周りを気遣う余裕はないので、事前準備を念入りにしておくといいと思います。準備の際も、体調の変化には気を付けてくださいね。

臨月を楽しく最高の生活にする「暇つぶし」方法まとめ!

臨月を楽しく最高の生活にする「暇つぶし」方法まとめ!臨月になるとどうしても時間が出来てしまいますが、出来ることは限られてしまいます。そこで、先輩ママ達や私が実際にやっていたおすすめの暇つぶし方法をご紹介します♪

産後必要になりそうなもののピックアップ

臨月を楽しく最高の生活にする「暇つぶし」方法まとめ!産前にある程度用意するとは思いますが、産後必要になるベビーカーや抱っこひもの情報収集をしておくといいと思います。私は優柔不断なので、時間に余裕のある産前に大型のものは買いそろえてしまいましたが、産後でもよかったなと後悔するものもあります…。

例えば、ベビーカーは軽量を重視しすぎて段差が超えられずとても苦戦しました。抱っこひもに関しては、抱っこひも拒否の子だったので数回しか使わず、基本はフリー抱っこでした。レビュー検索などをしてもう少し慎重に買い物すべきだったと反省しています。

夫婦水入らずを楽しむ

こちらは声を大にしておすすめしたいです!
産後1カ月は外出が出来ませんし、外食もしばらくは難しいです。好きな時間に寝ることもできないので、旦那さんと顔を合わせる時間が減ってしまうこともあると思います。

産後は赤ちゃん第一の生活になりがちなので、産前に思いっきり楽しんで、夫婦の時間を存分に過ごしましょう!上の子がいるご家庭は思いっきり甘えさせてあげてくださいね♪

家事代行・宅食などのリサーチ

臨月を楽しく最高の生活にする「暇つぶし」方法まとめ!産後はお世話に体力を使う上、出産時のダメージも残っていて、今まで通りに家事をすることが出来ません。しかし急に出来なくなってしまうと、少し焦ってしまいますよね。手を抜くのが大切と言いますが、まだ塩梅が分からずモヤモヤすると思います。

そんな時は掃除代行や食材・弁当宅配などを利用しましょう!多少お金はかかりますが、体の回復が第一です。「一生使うものではない!」と割り切って、家事を頑張りすぎないようにしましょう。

ちなみに私は完璧主義な性格が災いし、退院日から料理・洗濯・掃除を行っていました。その結果中々悪露が終わらず、傷が治るのも遅かったです。「私は寝不足で疲れている!」と堂々と休めばよかったなと後悔しています。

周辺の道路や店舗の確認

臨月を楽しく最高の生活にする「暇つぶし」方法まとめ!私が臨月の時にやっておいてよかったなと思ったのが、周辺道路の危険箇所の確認や、お店の使いやすさチェックです。

産後は赤ちゃん連れでお出かけすることも多いと思うので、足元が悪い道・死角なのに車が多いところなどの確認を行っていました。他にも近くのスーパーの通路の広さや混雑具合、オムツ台の確認などもしていました。

実は、我が家に一番近い100円ショップはスーパーの2階にあるのですが、そのお店は階段とエスカレーターしかなく、もしベビーカーで行った際は、スーパーのサービスカウンターにベビーカーを預けて赤ちゃんを抱っこしなければいけません。

このような不便な点を事前に知っているだけでも買い物の仕方が変わりますし、外出するのが苦にならないと思います。実際に街に出てみると、子連れには危ない箇所が沢山あります。近所だけでも確認しておくことをおすすめします。

マタニティフォトの撮影

臨月を楽しく最高の生活にする「暇つぶし」方法まとめ!引用元:https://www.photo-hug.com

もし撮影される場合は体調のいい時に、なるべくスタジオが空いている時間を予約するのがいいと思います。臨月のお腹はとても大きく、神秘的です。素敵な今の姿を写真に収めておくのもおすすめです。

実は私も近所のスタジオで撮影しています。私は帝王切開が決まっていたので、切る前の綺麗なお腹を写真に収めたいと思い、撮影をお願いしました。帝王切開を後悔しているわけではありませんが、女性から母親になった証として写真を残せたことを嬉しく思います。

今でも大切に母子手帳ケースに入れてあります。いつか子供が大きくなったら見せてあげたい、大事な写真です♪最近では自宅でのセルフ撮影も人気なので、もし撮影される方はご自身にあった方法で行ってくださいね。

その他

他にも沢山の暇つぶし方法がありました。

・読書をする
・映画を見る
・ベビー服の水通し(こちらは必須です)
・ハンドメイド
・ベビーグッズを使う練習
・美容院や歯医者など自らのメンテナンス
・内祝いギフトの選定 …など

このように皆さん色々な時間の使い方をされているようです。ご自身にあった時間の使い道を探している間もとても楽しいと思います!もちろん、体力温存のために今のうちに寝ておくというのもおすすめですよ♪

限られた時間を有効活用しよう

限られた時間を有効活用しようご自分のために時間をめいいっぱい使えるのは出産前だけです。
お子さんが生まれたらお子さん第一になってしまい、今までのようにお化粧をしておしゃれしたりなどは難しくなると思います。

新しいことにチャレンジするのもよし!好きなことをやりつくすのもよし!です。
限られた時間ではありますが、この時間があることに感謝し、後悔のないような充実した日々を過ごしてください♪

臨月を迎えた方の中には安静を強いられている方もいると思います。散歩などは難しいと思いますが、時間は皆平等にあります。赤ちゃんが新生児服を着て一緒に退院する姿や、抱っこに悪戦苦闘するパパの姿などを想像したりして少しでも楽しい時間にしてくださいね。限られた時間を有効活用しよう今は我慢ばかりで苦しい時ですが、もうすぐ赤ちゃんに会えます。産後は寝ずにお世話し、朝を迎えることもあります。今は赤ちゃんがくれたお休み時間だと思って、もう少し辛抱してくださいね。

まとめ

今回は臨月の過ごし方についてお伝えしました。

臨月を迎えるまで色々な困難があったと思いますが、赤ちゃんはすくすくと大きくなっています。ここまで赤ちゃんを守った皆さんはすごいです!本当にお疲れ様です。
あと少しで可愛い赤ちゃんに会えるので、今無理してはいけません。

必ず、ご自身の体調にあった時間の使い方をしてくださいね。そして残り少ないマタニティライフを存分に楽しんでください。読者の皆さんが元気な赤ちゃんを出産されることを、心よりお祈りしています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。