誰もが一度は憧れる夢のマイホーム。
今は賃貸だけど、いつかは・・・と考えたりしますよね。

そんなマイホームですが、なんと20代から建てる人も。
そもそも、マイホームを建てる上で必要になる頭金や、年収はいくらなのでしょうか?
また、20代で建てる上でのメリット・デメリットもまとめてみました。

20代でマイホームを建てると後悔しやすい?

20代でマイホーム建てると後悔する?頭金や年収はどれ位が妥当?賃貸だと毎月支払いしつつも、最終的には何も残りませんし引っ越し代も馬鹿になりません。そこで20代で夢のマイホームを建てる人も。

しかし、20代でマイホームを建てたものの、ローン返済が苦しかったり、転勤で家族と離れてしまう・・・などマイホームならではの悩みもあります。

はたまた、20代で結婚しマイホームを建てたものの離婚してしまった・・・。

賃貸であれば、そこまで大きな問題にならない事もマイホームでは大きな問題になってしまう事もあり、建てて後悔する声も。

頭金や年収はどれ位あるのが妥当?

マイホームを建てるには多額の費用が必要になります。土地を持っていれば建築費だけで済みますが、たいてい土地代+建築費がかかりますので何千万円が必要になります。

そのため、「住宅ローン」を組む事は多いでしょう。住宅ローンの金利は現在0.3~0.5%と低金利です。それでも、多額の金額を借りる事になるので計画的に進めていく必要があります。

ローンなので、銀行の審査があります。その際に頭金がどれくらい出せるのか、年収はいくらぐらいなのかをチェックされますので自分でも把握しておきましょう。

20代でマイホーム建てると後悔する?頭金や年収はどれ位が妥当?

頭金

頭金は物件価格の2割程が目安、と言われています。

頭金が多い程、毎月のローン返済額は小さくなりますが、だからと言って貯金全てをつぎ込むのは危険です。

それは、病気や怪我による休職により収入が大幅に減りローン返済が厳しくなることも。このような時に必要になる「生活予備費」を持っておきたいものです。

また、車の購入や買い換えなど、ある程度大きなお金が必要になる事もあります。これは人それぞれのライフプランによりますが、将来必要になりそうなまとまったお金も手元にあると安心です。

これらを考慮して、最終的に貯金から頭金としていくら使えそうか?や、購入金額に対して頭金は何割か?を把握しておきましょう。

年収

次に年収です。年収がこれくらいだけど、いくらの物件が買えるか?と気になりますよね。目安として年収倍率という考えがあります。

「年収に対し物件価格が分不相応でないか」の簡単な目安のひとつに、年収倍率があります。単純に〔物件価格〕÷〔年収〕で計算しますが、基本的に「年収倍率は5倍以内が望ましい」とされています。

https://suumo.jp/journal/2013/04/08/41352/

年収600万の場合、5倍の3,000万円までが目安になります。もちろん、これは頭金を多めに入れる事でローン返済額を下げる事が出来ればより高い金額の物件も可能です。

ローン返済額については年収の20%以内が理想で、30%が限界とみられる事が多いそうです。
年収600万円の場合、1年のローン返済額は120万円となり1ヶ月10万円はローン返済額として差し引かれる事になります。

残りの金額で生活する事になりますので、その金額で無理が無いか?を事前にシミュレーションをするようにしましょう。

20代でマイホームを建てるメリットやデメリットは?

メリット

20代でマイホーム建てると後悔する?頭金や年収はどれ位が妥当?ローン返済が早く済む、がメリットとして考えられます。
住宅ローンは35年ローンで組むことがほとんどです。そのため、25歳で住宅ローンを組んだ際、60歳で完済になります。

60歳というと定年退職になる節目の年齢です。
もし、30代でローンを組めば定年退職の年齢になってもローン返済があり退職したくても出来ない、というパターンも考えられますよね。

繰り上げ返済をする事でローン返済を早く終わらせる方法もあります。これを行う事でもっと早い段階(例えば50代)で返済してしまえば、収入のうち老後資金へ回す事も出来ますね。

また、収入が少ない20代からローン返済があるので、収入が増えてもローン返済額は変わりませんので生活に余裕が生まれる事も考えられます。

デメリット

20代でマイホーム建てると後悔する?頭金や年収はどれ位が妥当?

次にデメリットです。

20代だと収入も少なく、ローン返済が重荷になる事があげられます。また、生活費でいっぱいいっぱいになり趣味や余暇に回す余裕が無いかもしれません。

また、突然転勤となったり、転職したい・・・と大きなライフイベントに遭遇した時に、頭を悩ませる種になる可能性があります。

賃貸であれば、退去手続きすれば終わりですが、マイホームはそうはいきません。
自分(家族)が住んでいなくてもローン返済はしなくてはならないのです。

まとめ

人生の大きな買い物の1つでもあるマイホーム。
賃貸と違い、間取や素材等をこだわって選択し建てていく過程はわくわくしますよね。

一方で、多額のローンを長い年月をかけて返済していくことになります。
ローン返済に苦しみ、家の中がすさんでは元も子もありません。
やはり家は誰もがほっとする場所でありたいものです。

シミュレーション等をして無理のない返済か、計画的に進めていくようにしましょう。