家を買いたい!と思っても、手元に貯金が無いと諦めてしまう事ってありますよね。地道に働いて貯金するのが最も堅実な方法ですが、家を建てるには貯金1万円とかそんなレベルではなく100万円単位の話になっていきます。

では、そもそも貯金が無いと家を建てられないのか?銀行とお話出来ないレベルなのか?の疑問について調べました。

家を買うお金がない!と嘆く人は増えている

家を買うお金がない!貯金や頭金なし全てローンで上手くいく方法は?

家に限らず、モノやサービスを購入するには「お金」が必要です。
そして、人生で高額な買い物の3つは住宅・教育・老後の生活費と言われています。

老後の生活費は誰でも避けられないとして、住宅・教育はライフスタイルによっては必ずしも必須ではありません(ずっと賃貸で住むとか、子供を持たない家族形態も増えています)。

それでも、パートナーとかとどんな家にしていくか?どんな家に住むか?と考えるのはワクワクしますよね。

しかし、現実は厳しく家を買うお金が無いという声もちらほらあります。

手元の資金が微々たるものであれば、まずは労働をする必要があります(ある程度たまれば、それを元手に金融商品に投資するなどしてお金を増やすことも出来ます。

が、労働をしてもなかなか貯蓄がたまりにくいのも実情としてあります。

家を買うお金がない!貯金や頭金なし全てローンで上手くいく方法は?https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_company-heikinkyuyo

民間平均給与の推移を見ると、2008年のリーマンショックで2009年は大きく落ち込み近年はゆるやかに戻りつつはあります。しかし、正規と非正規雇用かでその金額が大きく異なります。

https://www.stat.go.jp/info/today/097.html

上記の左図を見ると、正規雇用者数は緩やかに減少しつつ、非正規雇用者数はかなり増加している事が分かります。
給与が正規と比べて少ない非正規雇用者が増加している事からも、なかなか資産が増えづらい人が増加していると考えられますね。

貯金や頭金がなくても家を建てて大丈夫なの?

【30代の家の購入金額】平均いくら?世帯年収やローンの目安も調査!

色々と制約・ご自身の工夫は必要になりますが、不可能ではありません。

家を建てる際、現金がかなりある等で現金で一括で買うことは稀で、そのほとんどの方は「住宅ローン」を組んで購入すると思います。

つまり、銀行にお金を貸してくださいと頼み込んで購入する形になります。
そこで、自分の頭金や年収を銀行はどのように判断するのでしょうか?

頭金

頭金がゼロでも、ローンを満額組むことは可能なので、家は買えます。

https://www.homes.co.jp/cont/living/living_00388/

住宅ローンを組む際に頭金2割が必要と通説がある(?)ため、頭金が無いとダメなのかな?と思うとそうでないケースもあります。

ただ、頭金が少ないという事は銀行から借りるお金の金額が大きくなります。
そのため、毎月の返済額が大きくなり日々の返済が大きくなりそれがかえって負担になることも…。

頭金ゼロの満額ローンを組んだ際に毎月の返済額が家計を圧迫をしない規模の物件であれば頭金が無くても可能でしょう。

年収

年収が低くても、安定かつ継続した収入がある方であれば、家は買えます。

もちろん、エリアや設備、環境など妥協しなければならない部分も多々あるかと思います。それでも家を買いたいという方は、住宅ローンの融資が受けられるかどうか、まずは不動産会社に相談し、情報を集めて資金計画を練りましょう。

例えば、住宅ローンのひとつである「フラット35」は、融資を受けるための最低年収に制限はないので、年収がいくらであろうと、返済負担が年収に見合っていれば融資は受けられます。
https://www.homes.co.jp/cont/living/living_00388/

年収に関しては、その金額の大きさだけではなく「継続した収入」があるか?を見られます。銀行としては、毎月ちゃんと返済をしてくれるか?を気にします。そのため、毎月継続した収入がある人だと、貸しやすくなりますね。

全てローンで上手くいく?メリットやデメリットは?

頭金なしで組むローンの事を一般にフルローンと呼ばれています。メリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  • 購入までの時間を短くする事が出来る

家を買いたい!と思った時に貯金が無く、貯めようとしてもよほどの高給取りなければ、何百万を貯める事に年単位になることもあります。
しかし、フルローンであればそのような頭金が無くても(貯めなくても)住宅を購入出来る事が出来、メリットとして挙げられるでしょう。

デメリット

  • ローン審査が厳しくなる
  • 返済額が大きくなる

フルローンということは銀行側からすると大きな額を貸し出す事になります。ちゃんと回収出来るか?よりシビアな目で審査をする事に。その結果、審査で落ちてしまう事も…。

また、大きな額を借りるため利息分もかさみ、トータルの返済額が大きくなり、毎月支払う金額も大きな額に…。

オーバーローン

物件の購入にあたっては物件の金額だけではなく色々な手続きに費用がかかります。つまりフルローンにすれば1円も払わなくて済む、というわけではありません。これらかかる費用分も考慮したローンをオーバーローンと呼びます。

しかし、これはフルローンよりもさらに大きな額を借りる事になり、購入後の負担が増えることになり、オススメ出来ません(銀行の審査ももっと厳しくなり難しいでしょう)。

まとめ

家を建てる際に、頭金が無くても、フルローンで出来るのか?をまとめました。
結論としては、もちろん出来ますが家を建てた後にその負担がどっと押し寄せてくる可能性があります。

そのため、返済シミュレーションをしっかり行い無理が無いか?をチェックしましょう。

また、銀行のローンに対する姿勢は社会の情勢によっても大きく変わります。自分でも色々情報収集をしてパートナーや銀行、不動産屋さん等様々な人に相談してじっくり考えていきましょう。