こんにちは、春かなこです。

今回は「Google Search Consoleを導入して素早くインデックス!」というテーマでご紹介していきたいと思います。

それでは、早速内容の方に入っていきましょう。

Google search consoleとは?

まずはGoogle search consoleとはどんなものかご紹介すると、Googleの検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスとなっています。

サイトを運営していく上で便利な機能がいくつもあるんですね。

その中でも今回は特に重要な機能である

「検索パフォーマンス」「URL検査」

という機能についてご説明していきたいと思います。

「検索パフォーマンス」

「検索パフォーマンス」というのは、googleのユーザーがどのようなキーワードで検索してサイトに訪問しているかや、検索結果でのサイトの表示順位などが分かる機能で、ブログを運営していく上で欠かせないものになっています。

「URL検査」はサイトをGoogleにインデックス登録を要求する、つまりGoogleの検索結果に表示されるようGoogleに要求する機能になっています。

 

こちらは実際のgoogle search consoleの「検索パフォーマンス」の画面ですが、このように折れ線グラフが表示されていて、横軸が日付と期間、縦軸がクリック数と表示回数になっています。

表示回数というは、このようなGoogleの検索結果の画面に表示されたら1回とカウントされます。クリック数というのは、この画面からクリックされた回数のことですね。

CTRというのはクリック率のことで表示回数割るクリック数になります。そして掲載順位というのは、検索結果に表示される順位ということで、こちらの一番上なら1位ということになります。具体的にどんな検索キーワードでどのページが表示されたかというのはこちらのクエリやページをクリックすることで、個別に確認することもできますので、色々と分析して記事を作成するときのキーワードの参考にすることができます。

「URL検査」